SD-WANサービス

SD-WANで柔軟な組織構成とセキュアな通信を両立させ、
スピード感ある経営を実現。

TOP > サービス > ネットワークソリューション > SD-WANサービス

こんな課題はありませんか?

「多様性」と「スピード」はビジネスにイノベーションを起こすために最も重要なキーワードと言えるでしょう。イノベーションを産むためには、異なる組織に属し異なる能力を持った人材がすばやくコミュニケーションできる環境が欠かせません。ネットワークはそのために役立ちますが、そこで立ちふさがるのが構成技術の制約です。既存のネットワーク技術は端末や回線といった物理的な境界を基準にセキュリティや経路制御を定める考え方に制約されており、頻繁に組織横断的チームを編成したりクラウドアプリケーションを多用したりする現代のビジネス・ニーズとの相性がよくありません。
  • ● 組織変更にともなうネットワーク構成変更管理コストを削減したい
  • ● 輻輳や遅延の問題を解決するため、Office365等の特定アプリケーション単位でトラフィックを可視化したい
  • ● 機密性・帯域・可用性の異なる複数の回線を契約し、データの重要度に応じて自動的に選択して通信コストを最適化したい
  • ● 閉域網またはインターネットVPNで接続した拠点間でSD-WANを導入したい

課題の解決策

離れた場所をつなぐWANをまたいで柔軟なネットワーク構成を実現するために役立つのがSD-WAN(Software Defined WAN)です。ネットワークの構成を変更するためには本来、物理的に配線を組み替える必要がありましたが、その手間を減らすために生まれたネットワーク仮想化技術の1つがSD-WANです。類似の技術に、LANを仮想化するVLAN(Virtual LAN)やその発展形であるSDN(Software Defined Network)があり、SD-WANは WANを対象とするSDNと言えます。SD-WANを使うことにより、閉域網/インターネットVPN等の回線種別を問わず、事業所間の接続をより柔軟に構築・変更・運用できるようになります。

日本通信ネットワークが選ばれる理由

SD-WANが必要になるのは、WANで接続された拠点間を回線とは独立に使い勝手のよい形で仮想的に分離したい場合であり、そのニーズはそもそもビジネス戦略に従属するものです。日本通信ネットワークはお客さまのビジネス戦略を十分に理解して、かゆいところに手が届く最適な形でSD-WANを提案・運用する能力が支持されています。
  • ● 各拠点の通信ニーズに応じた最適なWAN回線構成の提案
  • ● SD-WAN対応機器の選定・構築
  • ● セキュリティ・ポリシー、アカウント管理等のルール設計・運用

導入効果

SD-WANベースのネットワークにより、可用性・機密性・コスト効率が高く、組織横断的チーム編成へも柔軟に対応可能なITインフラの構築・運用を実現します。多忙な情報システム担当社員のネットワーク管理の負担から解放し、ビジネス戦略への集中を可能にします。
  • ● クラウドアプリケーションの利用制約を解消
  • ● WANをまたいで柔軟に仮想ネットワークを構築
  • ● 集中管理機能により、現地での設定作業が不要に