テレワーク・リモートアクセス導入

NTNは、安全で確実なテレワーク環境を構築。企業のリモートワーク導入をサポートします。
お見積り無料。

TOP > サービス > ネットワークソリューション > テレワーク・リモートアクセス導入

テレワークの課題

社内に限らず、外出先や自宅にいても仕事ができるテレワーク(リモートアクセス)の環境があれば、事態急変や気候変動における従業員の安全確保や事業継続、ビジネスのスピードアップ、働く人の負担削減、人手不足の解消などさまざまなメリットがあります。しかし、セキュリティを保ちコストも抑えつつ、ストレスなく実用出来るテレワーク・リモートアクセス環境を作るのは簡単なことではありません。会社により異なる多様な課題やニーズに合う実現方法をひとり情シスで調査・検討・導入運用するのは難しいものです。

例えば以下のような課題があげられます。
  • 事態の急変や気候変動の影響などから従業員の安全を確保し事業継続したい
  • 今スグ、テレワーク・リモートワークを導入したいがどのようにすれば良いか分からない
  • コストがどのくらい掛かるのか知りたい
  • スマートフォンやタブレット端末に社内のPC画面を表示して操作したい
  • 自宅や外出先から職場の自席PCへアクセスしたい
  • 情報漏えいなどセキュリティが心配
  • 既にリモートワークを導入開始したものの問題が発生している

サービス・導入フロー

テレワーク・リモートアクセスの導入や環境構築に伴う調査や契約から、工事管理や社内向けマニュアル作成、問い合わせ対応などまで、煩雑な運用管理業務の負担から、情報システム担当者を解放します。
また、無線LANやLTE通信網など関連のインフラやユーザー教育を手配しなければならない場合もまとめてご相談いただくことができるため、安全・確実・低コストにて導入できます。
さらに、クラウド化推進やBCP対策、働き方改革やIoTなど、デジタル・トランスフォーメーションに向けた経営戦略に欠かせないITインフラ構想について、他企業の先進事例提供を含め形の見えない初期のアイデア段階からご相談が可能です。

ITインフラの技術革新が猛烈な勢いで進む現在、情報システム担当者がそのすべてに精通して構想・設計・構築・運用のすべてを担うのは事実上不可能です。日本通信ネットワークは「ひとり情シス」とも呼ばれる手薄な情報システム部のかゆいところに手が届くトータルサポートで多くのお客様に支持されています。

弊社では、確かな技術と豊富な経験でお客様の様々な課題を解決してきた実績があります。
さらに、USBを挿すだけで今スグ、カンタンに接続できるものからタブレット端末・スマートフォンなどのモバイル機器に対応するもの、高セキュリティと使いやすさを両立しているものまで幅広い関連機器やサービスを取り揃えております。
お客様の課題やニーズに合った、コンサルティングから設計・構築・運用・保守・業者間調整までワンストップでご提供し、新しい働き方へのサポートをいたします。

テレワーク・リモートワークを導入したいがどのようにすれば良いか分からない、リモートワークを導入開始したものの問題が発生しているなど、お見積りは無料ですので、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
価値1
テレワーク・リモートアクセスの導入や環境構築のご相談から運用までワンストップで提供
価値2
自宅PC/モバイル端末/IP電話・Web会議など、会社ごと現場毎に異なるさまざまな事情をヒアリングして最適な構成をご提案
価値3
拠点のニーズに応じ複数の通信キャリアを組み合わせ、コストパフォーマンスと使い勝手のよい最適なリモートアクセス(テレワーク)環境を構築可能
価値4
公衆無線LAN/LTE通信/光回線など新規の回線契約・工事等が必要な場合の手配から立ち会い、工程管理までサポート
価値5
従業員向けマニュアル制作/端末買い換え・紛失・接続トラブルなど、ITインフラの運用管理に関わる細々したニーズに対応可能

導入ポイント

テレワークを実現する際の検討ポイントは大まかに「利用方法」「セキュリティ」「回線」の3つに分かれます。まず「利用方法」は会社の自席PCへのテレワーク(リモートアクセス)のみならず、内線/携帯電話やWeb会議、チャットなども含めて考えます。
次に「セキュリティ」についてはVPN通信の確立方法、ユーザー認証の方法、使用する端末の種類、データ保存の可否などの検討が必要です。VPNサービスについてはこちらをご覧ください。
最後に「回線」は利用形態に応じて適切な費用対効果の得られるものを選択します。

テレワークの導入効果はコスト削減だけではない。コミュニケーションの変化に適応できる!

テレワーク・リモートアクセスの導入により、コスト削減(オフィスコスト・残業時間・通勤や外出時の移動コストなど)だけではなく、企業と従業員の双方にとってうれしい様々なメリットや効果があります。
例えば、以下のような効果が見込めます。
  • 「#stay home(家にいよう)」や「#social distance(社会的距離を保とう)」を実施しリスクを回避
  • 「#new normal(新しい常識や日常)」に対応した「働き方改革」の導入
  • 育児中・介護中の従業員への対応や人材の雇用確保、通勤ラッシュの回避など働きやすい環境構築
  • いつでもどこでも仕事が出来る環境によって生まれるコミュニケーションギャップの解消や意思決定の迅速化
  • パンデミック対策や従業員の安全性確保、非常時の事業継続対策

テレワーク・リモートアクセス関連サービス