IP-VPNサービス

多拠点間・モバイル・クラウドを自由につなぐ
高品質VPNをローコストで手軽に導入。

TOP > サービス > ネットワークソリューション > IP-VPNサービス

よくある課題

VPNの導入運用は、負担が大きい…

迅速にビジネスを進めるためには、社内のITインフラにいつでもどこでもアクセスできる環境が欠かせません。そこで重要なのが、費用を抑えつつ第三者による傍受を防いで安全な通信を可能にする「VPN」技術を利用することです。

しかしVPNにもそれぞれコスト・機能・信頼性が異なるいくつかの方式/サービスがあり、それらの調査・比較検討・導入運用の実務を「ひとり情シス」のような手薄な体制で担うのは負担が重いものです。

IP-VPNサービスの概要

それぞれの現場にあわせたVPN環境の構築を

VPNはベースの通信回線の種類によって、インターネットを利用する安価なインターネットVPN、閉域IP網を利用して通信品質の保証があるIP-VPN、両者の中間的なエントリーVPNの3種類に大別されます。オフィス間のみを接続する場合はVPNルーターやゲートウェイと呼ばれる専用機器を導入する方法が簡単ですが、社外でノートPCやモバイル端末を使う場合はソフトウェアのみでVPN環境を構築しなければなりません。
費用と性能のバランスがよい最適なVPN環境を作るためには、現場によって異なるニーズに応じて多様な方法を組み合わせる必要があります。

日本通信ネットワークが提供する価値

ITインフラの技術革新が猛烈な勢いで進む現在、情報システム担当者がそのすべてに精通して構想・設計・構築・運用のすべてを担うのは事実上不可能です。日本通信ネットワークは「ひとり情シス」とも呼ばれる手薄な情報システム部のかゆいところに手が届くトータルサポートで多くのお客様に支持されています。
価値1
拠点のニーズに応じて複数の通信キャリアを組み合わせて、コストパフォーマンスがよく性能も担保できる最適なVPNを構築可能
価値2
多店舗展開するチェーン店等の出退店に伴う通信回線の見積依頼・工事許可取り・発注・立ち合い・検査などの管理作業までトータルサポート
価値3
モバイル端末/動画配信・TV会議/インターネット接続の有無/クラウド上の業務サーバーへの接続/カード決済など、会社ごと現場毎に異なるさまざまな事情をヒアリングして最適なネットワーク構成をご提案
価値4
従業員向けマニュアル制作/教育、複数の通信キャリアとの契約の一本化/端末買い換え・紛失・接続トラブルなど、ITインフラの運用管理に関わる細々したニーズに対応可能

【無料】お見積もり

お見積もりは無料となっております。
こちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

IP-VPN関連サービス