請求書一元化サービス

煩雑な通信関連費用の請求処理を一本化、
データ入力・部門別集計・支払代行を一括提供!

TOP > サービス > 通信事業者向けソリューション > 請求書一元化サービス

こんな課題はありませんか?

複数の支店や営業所、店舗を抱えている会社では、通信に関する請求書がほぼ毎日届くため、その度に会計システムに入力し支払期限を確認して支払手続きを行い、その金額を使用部門の経費として登録する事務作業が発生します。これらの一つ一つは小さな仕事でも毎日積み重なると経理・総務部門の大きな負担になってしまいます。間接費を削減していくためにはこうした「量の多い単純作業」を減らしていくことが重要です。
  • ● 請求を1本にまとめて欲しい
  • ● 紙の請求書ではなく会計システムに読み込めるデータで欲しい
  • ● 利用部門別に請求額を集計した明細書が欲しい

課題の解決策

これらの課題を解決するために役立つのが請求書を一本化するビリングサービスです。これは通信費あるいはIT機材リース費等の通信に関わる請求を日本通信ネットワークがとりまとめ、事務作業と支払代行をした上で一括して請求書をお送りするサービスです。NTT東日本・西日本、NTTコミュニケーションズ、その他のキャリアの請求書を一本化し、部門別の振分け集計等を行った上で電子データで提供します。回線費用の他にNW機器のリース代金等の請求、回線管理・工事手配等のデリバリ業務を含めたトータルな業務運営をサポートします。

日本通信ネットワークが選ばれる理由

通信会社は通信サービスを提供しますが、企業が通信をビジネスに活用するためには、通信そのものとは別に請求処理や工事手配、ネットワーク設計・運用などの付帯業務が欠かせません。日本通信ネットワークはそれらをまとめて相談できる会社として支持されています。
  • ● 通信・ネットワーク関連の「かゆいところに手が届く」サービスを提供
  • ● お客様の業務に関する十分な理解の上で通信インフラをまとめてサポート
  • ● どこに聞けばいいかわからないような「困ったこと・やりたいこと」を相談できる

導入効果

日々発生する通信サービスの請求書に関連する事務作業から解放されるため、総務経理部門の負担軽減、より高度な内部管理業務への集中を可能にします。
  • ● 請求書が一本化されるためその都度入力・支払処理をせずに済む
  • ● 部門別振分けを行った電子データで請求情報が得られる
  • ● センタ回線等1拠点事のコストとして配分が難しい回線やサービスを拠点ごと費用に分計しコストの按分が可能
  • ● 通信関連費用の初期費の月額費用への按分等柔軟な支払い方法が設定可能